FC2ブログ

*All archives   *Admin

2012.05.04 (Fri)

北陸旅行~2012春~_vol.7-七尾にて2日目

(つづきです)-期間が空いてすみません

 2日目はあいにくの空模様で、朝からあられが降ってきたりしていました。しかし、午後になると天気がかなり落ち着いてきたので、七尾市内のとある廃線跡を見てくることにしました。

七尾市内
 まずは七尾港の様子。七尾駅からも祖母の家からも徒歩数分のところに、このように七尾湾内を望める公園があります。本日の探索は、この場所よりも少し東に行ったところからスタートです。

七尾市内
 これが何かわかるでしょうか? そう、線路が道路の中に埋もれています。この場所は七尾港駅という駅が昔あったところで、今日のお目当ては七尾港駅と七尾駅を結んでいた「七尾港線」の廃線跡です。

七尾市内
 しかし、このように線路がそのまま残っているところは2か所しかありません。この写真はもう片方の場所です。

七尾市内
 線路が続いていく感じ、いい感じです。先ほどの場所もここも元から踏切だったようで、踏切部分だけ線路が残っています。

七尾市内
 七尾港駅の跡には、このようにモニュメントが建てられています。

――廃線跡の様子については、いずれ「日本駅巡り紀行」で扱うはずなので、ダイジェストのような形でお送りします。

七尾市内
 廃線跡の様子。道路になっています。

七尾市内 七尾市内
 廃線跡の中で最も廃線跡らしいあたり。柵や掘割が残っています。「工」マークの杭は至る所に刺さっています。

七尾市内 七尾市内
 しばらく七尾駅側に行くと道路は終点となります。ここから先は線路が残っていて、七尾駅の留置線になっています。

七尾市内
 留置線区間にある唯一の踏切。しっかりと名前も付けられています。

七尾市内
 その踏切から七尾駅を望む。当日の行動はここで終了しました。

(つづく)-次の日は七尾線駅巡り。すでに「日本駅巡り紀行」で扱っている区間なので手短に。
スポンサーサイト
13:02  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://ekimeguri.blog98.fc2.com/tb.php/139-33e4c02a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |