FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.10 (Wed)

2011年北陸旅行_旅行記Vol2

(続きです)

 どんどん建設の進む北陸新幹線の高架橋を横に見つつ、北越号は富山に向かいます。途中、直江津の留置線に大量の京葉線用205系が止まっていて、少し驚きました。そういえば1、2年前にここを通った時には房総向けの改造を待つ209系が大量に止まっていなあと思い出しました。

 予定では黒部で降りて富山地鉄の駅をたくさん見てくる予定で、この列車も黒部には停車するのですが、もう富山地鉄の駅をたくさん見てくる時間的な余裕がなさそうでした。

 ということで予定を変更し、富山駅で降りました。そして、普段とは違って乗りテツに徹し、富山地鉄(市内線)とかライトレールとかを見てきました。実は管理人の通う高校では卒業までに論文を1つ書かなければならず、私はそのテーマとしてLRTに関することを書こうと思っているので、なかなかいい資料集めになりました。

ap01.jpg
富山駅北口にある富山駅北駅。駅出口から段差なしでライトレールに乗れます。

ap02.jpg
ライトレールの車両「TLR-600形」。7編成で7色あり、この編成は「青色」です。「SterlighTram」として星のラッピングが施され、車内も星座などが描かれていました。

ap03.jpg
終点の岩瀬浜駅。「フィーダーバス」という連絡バスと対面乗り換えができ、とても便利です。

ap04.jpg
途中の東岩瀬駅には、旧駅舎が待合室として保存されています。

ap05.jpg
富山へと戻り、南口側の「富山駅前駅」に行きます。こちらは富山地鉄市内線の駅で、ライトレールとは違いバリアフリーのバの字もないような吹きさらしの駅です。

ap06.jpg
そして、やってきたのが地鉄の最新鋭低床車「suntram(サントラム)」。1編成しかない形式で、まさか出会えるとは思いませんでした。ライトレールとは違うタイプの低床形車両です。

ap07.jpg
終点の南富山駅。鉄道線である上滝・不二越線と駅舎を共用している駅で、この駅から市内線と上滝線が直通する構想もあります。

ap08.jpg
帰りに富山駅前駅まで乗ったのは写真右側の7000形、さらにそこから丸の内まで乗ったのが写真左側の8000形です。どちらもバリアフリー化されていない車両で、ホームとの間にはかなりの段差があります。

ap09.jpg
その後丸の内からは環状線「セントラム」に乗りました。ライトレールとほぼ同じ車両で、電停などもかなり新しくなっています。

 この後、富山駅付近で父親と夕食を食べ、駅から少し離れたところにあるホテルに泊まりました。

第1日目(8月5日)の行程

 ・上越新幹線 東京駅(8:30発)→長岡駅(10:13着)
 ・特急「北越」 長岡駅(11:03発)→富山駅(13:15着)
 ・富山ライトレール 富山駅北→蓮町→岩瀬浜→東岩瀬→富山駅北
 ・地鉄市内線 富山駅前→南富山→富山駅前
        →丸の内→グランドプラザ前…荒町→富山駅前

《メモ》
 ライトレールと地鉄は現在、同じ日の4回目以降の乗車では無料になるサービスを実施していて(ただしICカード限定)、なかなか旅行に便利です。

-つづく-
スポンサーサイト
22:46  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://ekimeguri.blog98.fc2.com/tb.php/61-df50365d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。