FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.19 (Fri)

2011年北陸旅行_旅行記Vol4

(続きです)

 西魚津駅と新魚津(JR魚津)駅の間の道は比較的簡単で、少し急げばそんなに時間がかかる距離でもありません。そして、途中で魚津駅から延びる貨物線の廃線跡を渡ったりしながら新魚津駅に到着しました。

新魚津
新魚津駅の入り口は魚津駅の東西をつなぐ地下道の途中にあり、狭い階段だけで出入りするためバリアフリーなどには対応していません。

新魚津
新魚津駅のホームは島式1面2線で、JRからの乗り換え客と思われる高校生が目立っていました。

電鉄魚津
電鉄魚津駅が今回訪れた区間のハイライトともいうべき駅で、この立派な外観とその内装のギャップの激しさがすごいのです。

ということで中に入ってみると...




電鉄魚津
「本日」閉店しました(笑)。実はこのビル、ステーションデパートは1998年までに完全撤退し、なんとテナントは「タクシーの待合室」だけになっています。
そのためまるで廃墟のような様相になっていて、内部の立派な階段スペースなどがむしろ寂しさを強調してしまっています。

電鉄魚津
3階が唯一人気のある改札階で、訛りの効いた年配の駅員さんが窓口を仕切る典型的な富山地鉄の有人駅です。ちなみにこの駅、なんと現時点では富山県内唯一の高架駅です。

ということであとは電鉄富山に戻り、今夜の宿である父親の実家(七尾)まで向かうだけです。そして今回乗る電車が...


こちら!!

うなづき
元西武レッドアロー「特急うなづき」です。前から乗りたかったので、100円の特急料金を払って乗ってしまいました。(写真は電鉄富山にて)

うなづき
この列車は2両あるうちの片方が自由席車、もう片方が指定席車という構成なのですが、指定席にはだれも乗っていませんでした。それでも想像していたよりは人が乗っていて、なんだかアットホームな感じでいい雰囲気です。

うなづき
しかし、富山の折り返しを見てみると「普通」立山行き。なんだか100円損したような...。

ということで、この後サンダーバードとはくたかを乗り継いで七尾に向かい、祖母の家に泊まりました。

―つづく―

スポンサーサイト
17:51  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://ekimeguri.blog98.fc2.com/tb.php/64-591482d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。